ブログランキング

犬のブログランキングに参加しています。

記事がお役に立てたら、クリックで応援していただけると嬉しいです。

 

 

動物病院で実施される血液検査。

いろいろな項目があるけれど、その検査の意義は?

人と同じ検査項目の数々。

日々の仕事で見慣れているものばかり。

検査をして気になった項目をすぐに調べられるように、今後のため少しずつまとめておこうと思います。

せっかく(人の)医療機関で働いていたのだから、こういう時に役立てないと。

人の場合の適応疾患なので、犬の場合は違うこともあるかもしれませんが、参考までに。

どんな病気の指標として実施されているか、どんな病気が疑われるか・・・

などです。

 

AST 検査の意義

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)は、生体内のあらゆる組織に存在。

α-アミノ酸の除去・分解の第一段階を担(にな)っている。

肝臓のほか、心臓、骨格筋に多く存在している。

これらの臓器障害で血液中に逸脱してくるため、肝機能検査のほか心筋・骨格筋障害など多くの疾患の診断に用いられる

 

疑われる病気は?

疾患一覧
  • 急性・慢性肝炎
  • 劇症肝炎
  • ウイルス性肝炎
  • アルコール性肝炎
  • 薬物性肝炎
  • 中毒性肝炎
  • 脂肪肝
  • 肝硬変症
  • 肝腫瘍
  • 胆石症
  • 閉塞性黄疸
  • 肝癌
疾患一覧
  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 急性冠症候群
  • 進行性筋ジストロフィー
  • 皮膚筋炎
  • 悪性腫瘍
  • 溶血性貧血

 

肝機能だけではないAST

    上の表からも分かるとおり、ASTは肝臓系の疾患の他、心臓や癌、自己免疫系疾患でも数値が上がることが考えられます。

    我が家のキナリの場合は、

    「僧帽弁閉鎖不全症」のよる心不全の評価

    「肝機能」の評価

    この2つのデータが欲しかったので…

    心臓、肝臓とも該当するため、ASTは高値であることがあらかじめ予想できたので、前回の検査でははずしました。

     

    「僧帽弁閉鎖不全症」については、NT-proBNPに加え心臓の超音波(エコー)検査

    「肝機能」については、ALT・γ-GTに加え腹部の超音波(エコー)検査

     

     

    これらの数値を見て、現在の状態を把握する指標としています。

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事