ブログランキング

犬のブログランキングに参加しています。

記事がお役に立てたら、クリックで応援していただけると嬉しいです。

 

 

先週のNT-proBNPの検査結果が出ました。

NT-proBNP
  • 2021/05/11:2483
  • 2021/09/17:1556

 

数値は少し下がったけれど、以前として基準値:900をオーバーしていることには変わりなし。

ピモベンダンの服用を4ヶ月続けてこの数値か…

 

散歩の時も走ることはなくなったけれど、以前より足取りは軽やかに感じる。
出発の時は元気にシッポを立てて速足で前を行くのは相変わらず。
10分~15分程度の短い散歩で特に疲れた様子もないし。

 

まずは、今回の検査結果を説明して。
それから今後の対策を話し合おう。

 

 

NT-proBNPは前回よりも数値は良くなっているので、僧帽弁閉鎖不全による心不全症状についは改善傾向と考えられるのね。

心エコーは心室肥大も最初に比べるとかなり改善されていてね。

散歩も疲れなくなったでしょ?

ピモベンダンというお薬の効果だと思うので、続けて飲んでいこうね。

 

肝機能については数値が高くなってしまって心配。

プレドニゾロンを少しずつ減少して止めたので、だいぶ肝臓の負担もなくなるかな。

後、考えられる理由としてはお薬を切らしてしまって飲まない期間が10日くらいあったこと。

ウルソをキチンと飲めばもう少し改善するはず。

今後は切らさないように前もってお薬をもらってくるからね。

 

 

ふむふむ…そーなのでしか。けっこう元気でしけどね…あまり心配しすぎないで下さい。心配エネルギーは重たくて好きじゃないでし。

 

 

 

そうそう。
肝機能といえばね、この間参考になりそうな研究報告を見つけてね。

歯周病とも関連してくるんだけどね…
(プリントアウトした研究報告書を読みあげる。)

 

 

 

 

つまり、歯磨きイヤイヤするから磨き残しが歯石になるでしょ。

歯石は細菌の塊みたいなものだから、細菌から身体を守るためIL-6とIL-8なんかの炎症性サイトカインを出して…ナンチャラカンチャラ

それが歯周組織を破壊するから歯肉炎になって…ナンチャラカンチャラ

この報告書の結論によるとin vitroではプラセンタが抗炎症性サイトカイン効果があるらしく…ナンチャラカンチャラ

 

 

 

イ、インターロイキンって何でしか?炎症性サイトカイン?in vitro???……まぶたが重くなってきたでし…

 

 

 

以上の理由からプラセンタを取り入れたわけよ。
やっぱりお薬を継続するならなるべく肝臓に負担をかけたくないじゃない?

で、今後の方針としては……

 

 

 

 

 

Zzzzzzzz………
スピー
スピー

 

究極に眠いんだけど、頑張って右のまぶたを完全に閉じないようにしているのは彼女なりの気遣い。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事