新着記事
AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)
僧帽弁閉鎖不全症、肝機能障害、胆汁うっ滞、謎のしこり、歯周病…心配の多いシニア犬の最終兵器「プラセンタ」
2021年9月17日 12才9ヶ月 検査データのまとめ
チロルの28回目の月命日
今月は心臓の超音波検査の実施月…心臓以外にも気になること
シェルティーのキナリ、生き返る?!私の方が心臓止まるかと思った日。
犬の僧帽弁閉鎖不全症 NT-proBNPの検査結果
NT-proBNP(脳性Na利尿ペプチド前駆体N端フラグメント)
「僧帽弁閉鎖不全症」と診断された12歳の春の健康診断