ブログランキング

犬のブログランキングに参加しています。

記事がお役に立てたら、クリックで応援していただけると嬉しいです。

 

 

先週の土曜日、5月16日はチロルの一周忌でした。

 

去年の今頃は

毎朝、呼吸をしているか生存確認をしたり

仕事の後は猛ダッシュで帰宅したり

人間の腎不全の研究報告を読みあさったり

日々のご飯作りも、人間よりチロルの方に手をかけて。

 

よくもまぁ、あんなに集中できたなぁと我ながら驚いています。

 

 

旅立つ決意をした事が分かった後は家族でずっと側にいて

 

 

最期の最後までずっと撫でて見送る事ができました。

 

本当に良く頑張りました。
最期まであきらめない、根性のあるシェルティーでした。

 

 

花をいつもより多めに

 

デザートにイチゴを添えて、大好きだったお寿司をテイクアウトして。

 

一緒にテーブルを囲んで団らん。

 

長野旅行の映像を流しながら

この時はこんなに元気で若々しいのに。

 

次の年、腎不全と診断されてからは、あっという間に『老犬』になってしまいまいした。

 

1年経っても、やっぱり泣けてきます。

けれど、キナリは『なぜ泣いているのか?』が理解できないようです。

 

キナリは大量のお寿司を前に、食べる気満々。

 

『チロルが居なくて悲しいんだよ』と説明してから・・・

『悲しい』ではなくて『恋しい』という感情が一番近いかな?と思い訂正しました。

 

 

亡くなった後はどうしているのだろう?

そんな事を考えながら眠りについて見た夢。

 

 

亡くなった瞬間

体から魂が抜けて『神様』の所へ行くのだとチロル(たち)が言っていました。
それはとても心地良い場所。

感覚的にどんな心地良さなのか知りたいと質問すると

お風呂に入る時に、洋服を脱いで湯舟に入って『ふぅ~』とリラックスする至福の時。

そんな場面に切り替わりました。

 

洋服が『体』で

洋服を脱いだ裸の状態が『魂』

湯舟のお湯が『神様のいる場所』

 

当たり前の日常にある『入浴』という体験を、例えとして教えてもらった夢でした。

大切な人が『入浴』する時に、悲しくて恋しくて泣いたりしないでしょ?
この世界に生まれて、生きて、旅立つというのはそれくらい当たり前の事。

 

当たり前の事。

当然の事。

自然な事。

 

へぇ・・・そんな感じなんだぁ。

 

 

目が覚めてからもう一度思い出してみて

 

また今度、恋しくて泣けてくる時には

 

一呼吸おいて

 

チロルは湯舟に入って

至福に浸って

幸せなんだ。

 

そんな風に考えてみようかな・・・と思いました。

スポンサーリンク
おすすめの記事