ブログランキング

犬のブログランキングに参加しています。

記事がお役に立てたら、クリックで応援していただけると嬉しいです。

 

 

野菜の直売所で、見た事のないカボチャが売っていたので購入してみました。

「コリンキー」という名前で、調べてみると生でも食べられるカボチャなんだとか。

試しに生で食べてみるとコリコリした食感で、クセもなくほんのり甘い感じ。

サラダや浅漬けなどにも良いそうです。

コリンキーの栄養素
  • βカロチン
  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • 食物繊維
  • カリウム

 

そもそもカボチャなので、栄養価も高いですね。

煮物にしたり、蒸したりという調理の必要がないので、気軽に摂る事ができるなと思いました。

 

キナリもカボチャは大好きなので、今回はコリンキーで犬ご飯を作ってみました。

(生で食べれるけれど、とりあえずスープにしました・・・)

 

 

材料

【鶏ムネ肉と野菜のソテー&玄米とコリンキーのスープ】の材料

◎2食分の材料

 

【スープ】

  • 水(煮干し、昆布だしスープ)800cc
  • 人参    30g
  • パプリカ(黄色) 30g
  • コリンキー 1/4個
  • 切干大根と干しキノコ 大さじ2くらい
  • 玄米 100g

 

【ソテー】

  • 鶏ムネ肉 200g
  • キャベツ  50g
  • オクラ 2本
  • ピーマン 1個

 

【トッピング】

  • 大根おろし  1㎝
  • パプリカ(赤)小さめにカットして 5g
  • クコの実 1個
  • ローズマリー 少々

 

作り方

①【スープ】の材料を火にかける。(20分ほど)

後でブレンダーでスープにするので、材料はザックリした切り方でもOK。

 

②【ソテー】の材料は食べやすいようにカット。

少量の白ゴマ油でソテーする。

 

③ ①をブレンダーでスープにする。

(玄米が入っているのでトロミのあるスープになります。)

 

④器にスープ、ソテーした野菜と鶏ムネ肉を盛り、【トッピング】を乗せて完成。

 

トッピングのクコの実について

杏仁豆腐などのトッピングに良くある「クコの実」。

我が家では、サラダやヨーグルトに入れたり、お菓子作りに使ったりするので常備している薬膳食材の1つです。

スーパーのドライフルーツ売り場などで購入する事ができます。

 

「クコの実」は、肝と腎の機能をアップする食材。

肝を助けてくれる事で、目にも良く

腎を助けてくれる事で、老化の予防

 

腎不全犬のチロルも、毎日1粒ずつ食べていました。

腎と肝の養生として、今はキナリも1粒ずつ食べています。

 

 

東洋医学では、耳が遠くなったり、排尿のトラブルなども腎の機能が低下していると考えるそうです。

腎の機能が低下すると起こる症状は、いわゆる「老化」と言われるようなもの。

生命エネルギーの源である腎を養生をする事で、老化を緩やかにしたり症状を軽くできるので、10歳シニアのキナリは積極的に腎養生。

 

ちなみに、目は肝と関連があるので、

 

耳の不調は腎養生

目の不調は肝養生

 

と覚えておくと良いかなと思います。

 

血液検査の数値の上では、腎臓も肝臓も正常値だとしても、

耳が遠くなったかな?と思ったら、腎養生を意識してみる。

白内障などの分かりやすい目の異常でなくても、例えば目ヤニが多くなったな・・・と思ったら肝養生を意識してみる。

 

そんな風に、体調の変化に応じて養生を取り入れたご飯を作っています。

 

 

今日もご飯を美味しく完食。

いつもにも増してご満悦のようでした。

 

 

就寝前のTゾーンパックでリラックス中(-_-)zzz

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事