ブログランキング

犬のブログランキングに参加しています。

記事がお役に立てたら、クリックで応援していただけると嬉しいです。

 

 

今までに作った事のないレシピを探していて、ご飯に「バナナ」を使ったレシピを発見。

チロルはバナナがあまり好みではなかったけれど、キナリはバナナが好きな様子。

脂質も控えめ、肝・腎養生を意識しているキナリには良いレシピかもしれないと思い、今日のご飯はこちらに決定。

 

 

参考にしたのは、

犬の手作り・おやつレシピ【豚肉とバナナのクリームシチュー】

 

 

手作りご飯のレシピの他に、おやつのレシピもあるので良く参考にしています。

アイリスペットどっとコム 犬といっしょ 犬の手作り食レシピ

 

 

 

材料

レシピを参考にして用意した食材はこちら。

【豚肉とバナナのクリームシチュー】の材料

【肉類】

  • 豚ヒレ肉  100g
  • 人参    30g

水(しじみスープを使用) 400cc

 

【野菜類】

  • ジャガイモ  1個(100g)
  • アスパラガス 2本(細いもの)
  • ピーマン   30g
  • 赤パプリカ  10g
  • カボチャ   煮物用にカットしたもの1個
  • 冷凍グリーンピース 大さじ2(20g)
  • まいたけ・しいたけ 大さじ2(みじん切り)

 

【仕上げ類】

  • 豆乳   100cc
  • バナナ  1/2本
  • 無糖ヨーグルト 50g
  • きな粉  大さじ1

 

【とろみ】

  • くず粉  大さじ1

 

【トッピング】

  • ドライパセリ・ローズマリー 適量

 

キナリ用の食材は、肉類は100g(約1食分として)、野菜類は20~30gずつ冷凍しています。

 

今日でほとんど冷凍食材は使い切りました。

 

しじみスープも製氷皿で冷凍後、ジッパーバッグに入れて常備しているもの。

まいたけ・しいたけはベランダで干したものを使います。

(まいたけは香りがとても良くなるので、干しまいたけはオススメですよ!!)

干す事で太陽のパワーをチャージ「SUN FOOD」♪

人間も犬も元気になる食材です。

 

ヨーグルトは作って常備しているものを使います。

 

 

作り方

①材料は全て一口大にカット。

鍋に少量の油(今回は、白ゴマ油を使用)を入れて肉・人参を炒める。

油がまわったら、【野菜類】を全部入れて軽く炒めたら、水400cc(今回は、しじみスープストック)を加えて煮る。

 

 

 

②沸騰したらアクをすくって、15~20分煮込む。

食材は柔らかくなっているので、【仕上げ類】を加えて混ぜる。

 

 

③【とろみ】くず粉は同じくらいの水(大さじ1)で溶いて最後に入れ、とろみがついてきたら火を止める。

 

④ドライパセリとローズマリーをトッピングして完成。

 

 

さぁ食べてみよう!!

「ご飯できたよ~」の言葉に、はしゃぐキナリ。

 

机の上のカーディガンを、嬉しすぎてブルンブルンしていたシッポで引っかけて・・・

うまい具合にフワリと頭に覆いかぶさるというアクシデント発生(笑)

 

とりあえず、ご飯前なのでお座りしてみる。

 

ご飯を食べる時は野生の目になる。

 

今回の量は、体重10.5kgのキナリの1食分として作ったけれど、結構多めです。

いつもの食器からあふれてしまうので、少しお鍋に残っています。

 

食器が小さいのかな?

 

 

トッピングのハーブについて

抗炎症作用とアンチエイジングを期待して、ローズマリー・パセリ・ターメリック・オレガノなどを普段からトッピングとして使っています。

スパイスとして売っているスーパーで購入できるようなものばかりです。

一度に大量に与えるのではなく、週に数回パラパラっと振りかける程度。

 

何か起こってから抗生剤などの合成された薬を飲むのではなく、普段から抗炎症作用のあるものを摂取して細胞を守れたら良いかなぁと考えています。

 

 

参考にしたレシピは、とても美味しそうな「クリームシチュー」という感じなのだけれど・・・

なんだか私の作るご飯は、いつも緑がかっているというか、ベージュっぽいというか・・・

相変わらず、あまり美味しそうには見えないなぁ。

 

けれど、そんなご飯でも

いつも美味しそうに完食してくれるので

ありがたいなと思う今日この頃です。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事